2016/05/26

伊勢志摩サミット

今日から伊勢志摩サミットが始まりました。
1年ほど前に賢島で開催されることが決定され
26日、27日の二日間のためにいろいろ準備をしてきました。
県内のあちこちにサミットまでの日にちをカウントダウンするパネルが設置されて
日にちが減るごとに県民の意識も高まってきてました。

それで、1日づつ数字が減ってくるのはわかりますが
当日はどうなるんだろう・・「0」かなあ?と疑問に思ってました^^;
考えると夜も寝られず・・・(ウソ)
今日、見ないとずっと疑問のままになってしまう・・・今日しかないと自分を追い込んでしまい
今日寄ってみました(笑)

表示は「本日、開催中」でした(≧▽≦)

ちょっとサミットを味わえたようなこころんでした(笑)

サミットP1010320
2015/11/03

鳥と鹿と懸賞

先月10月29日、久々に何か撮ろうと思い長良川河口堰に寄ってみました。
堰のゲートが開いてました。
○0L5A6778

大きな鳥が二羽飛んできて自分の頭の上でバトルを始めようとしました。
猛禽類と思いますが名前は知りません^_^;
景色を撮ろうとオートフォーカスの設定や連写の設定をしてなかったのでうまく撮れなかったのが残念でした。
アップにするとピントがいまいちです。
これではもし、UFOが突然現れたら撮れないなあと思いました(笑)
○0L5A6773

○0L5A6774

○0L5A6775

今日は木曽三川公園に新たに「桑名七里の渡し公園」が加わり
部分的ですが開園しました。
諸戸氏所有の石取祭車も披露されたので飛んでいきました^_^;
普通の祭車は上の飾りが提灯か人形なのですがこの諸戸氏所有の祭車は鹿です。
現在石取祭りにはこの祭車は参加してないので目にするのはほんと貴重なのです。
九華公園の駐車場に停めたら鐘と太鼓の音が聞こえました。
この音を聞くと桑名っ子は血が騒ぎます(笑)
自分の足も自然と早くなってスキップをするように足が浮いてきて(笑)
午前中は開園した公園で、午後からは諸戸邸の前で披露でした。
諸戸邸をバックに撮りたかったので午後から行きました。
●0L5A6871

●0L5A6840

●0L5A6864

開園した公園には桑名市のゆるキャラ、ゆめはまちゃんがいました。
○0L5A6878

懸賞当選品
9月に中日新聞の日曜クロスワードで1000円分の図書カードが当選してました
●DSC_0016

ベイシアグループの商品券2000円分
カインズホームのレシートで応募した懸賞でした。
●DSC_0011

オータムジャンボ宝くじ
当たらないので買う気はなかったのですが、お店で放送が耳に入ってきてバラ5枚だけ買ってました。
1枚は下2桁2000円、1枚は下一桁300円当選。
5枚なので末等でも当たる確率は2分の1なのに1500円で2300円だから上出来です。
もし10枚買ってたら赤字でしたからね。
運だめしは5枚で十分です。億万長者を狙う人はたくさん買った方が当たる確率が増すかもしれませんが(笑)
●DSC_0013

次はあれを撮りたいなあ。
2011/10/10

福王神社 秋の大祭

三重県の菰野町にある福王神社の秋の大祭に行ってきました。
急な石段を登りきったところにある福王神社は聖徳太子が1200年前に奉じたと伝えられる毘沙門天をまつってます。
この神社の歴史は約1400年前、敏達天皇の時代に百済から仏工安阿弥が来朝して毘沙門天を刻み後にこの像を聖徳太子の命によって福王山に安置し、国の鎮護と伊勢神宮の守りとしたと伝えられている。
神社の境内には杉の古木がうっそうとしげり、森厳な気配が漂い、その中でも太子杉と呼ばれる樹齢1000年を越える巨大な神木は、歴史の古さを物語っている。
福王山には天狗伝説があり、参道には天狗像が祀ってあります。(観光三重より引用)

この先、長い石段が続きます(^_^;)。
s-IMG_4250.jpg

本堂です。毘沙門天が奉られ商売繁盛、家内安全が主な効能です(^◇^)。
s-IMG_4247.jpg

大祭のときに天狗さんが現れます。
s-IMG_4244_20111010145201.jpg


本堂の裏の山を登ると・・・このような山道(前回行った時の写真)
s-IMG_3261.jpg

本堂から30分ぐらい登ると標高591メートルの山の頂上に奥の院があります(前回行った時の写真)
木ばかり生える山の道らしくない、静まり返った山を1人登って怖かった(笑)
s-IMG_3260.jpg

2011/10/02

四日市祭り (ブログ1か月目)

今日でブログ1か月になりました。
いつもコメントいただいたり、見ていただいたり、ありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。

今日は四日市で四日市祭りをしていたので見てきました。

諏訪神社にて浜田舞獅子
s-IMG_4066.jpg


甕破り
水瓶に落ちた子どもを甕を割って救い出したという司馬温公の故事に因んだはなれからくり人形山車。初代は明治27年(1894年)に建造。平成2年(1990年)再建。からくり人形は八代目玉屋庄兵衛作。
s-IMG_4072.jpg

s-IMG_4080.jpg

菅公
文字書きのからくり人形山車。子どもが額に文字を書き、それを道真公に見せるとほめられ、子どもたちは喜び踊りだす。初代は明治初期に建造されが、戦災で焼失。昭和27年(1952年)にからくり人形再建。七代目玉屋庄兵衛作。
奥にいる菅原道真さんの左にいる子供が「信」という文字を書きました。
s-IMG_4097.jpg

s-IMG_4105.jpg

からくり人形を作りだした玉屋庄兵衛さんはすごい!